分り易い財政

2015年03月07日

国の財政に関して、財務省が毎年の国の歳入歳出を示す一般会計、特別会計を公表しており、地方財政については総務省が地方財政計画にて公表しています。しかし、一般会計、特別会計、地方財政の間では、会計間で予算のやり取りがあり、また、国と地方会計では、同じ歳出項目であっても名称や意味するところが違う等、国と地方の財政を足し合わせた全体の歳出歳入規模の把握は困難です。また、この3つの会計以外に国民が保険料を負担し制度を支える医療・介護保険の会計が別途存在し、広い意味での財政に対する理解を益々困難としています。

そんな中で、国の方向性を判断し、そのかじ取りを決めている国民の代表である政治家の多くは、特定の支持者の要望に応えようと個別の政策の実現に専ら取組んでおり、国の財政の全体像を把握している政治家はごくわずかしか居りません。多くの政治家は、支持者の問題意識に合わせて個々の政治課題に対する解を示し、個々の国民が専ら自らが受ける公的なサービスや恩恵ばかりに関心を示すならば、将来の財源のことや遠い国の貧困問題に日本がどのように関わるか等に関する政策をアピールしようとしないでしょうし、多くの政治家はそれらの問題について勉強しようともしないでしょう。

日本において長年に亘り財政がしっかり管理されなされなかった結果、日本の財政は先進諸国の中で最悪であると言われるようになり、一刻も早く再建に向け取組まなければならない状況となっています。しかし、政治家は、有権者が関心を示す事には取組ますが、有権者が聞きたがらない痛みを求める政策に対しては後向きであり、10年以上も前から財政危機が叫ばれていますが、財政を改善する政策はほとんど進展ないのが現状です。

以下の資料は、現状の日本の財政を分り易く示すとともに、将来の財政再建のためには思い切った歳出削減および増税以外に手段がないことを将来の歳出歳入のシュミレーションを交えて紹介しました。

zaisei1  zaisei2

zaisei3  zaisei4

zaisei5  zaisei6

zaisei7  zaisei8

zaisei9  zaisei10

zaisei11  zaisei12

zaisei13

2016年3月7日

「分り易い財政」詳細内容は下記PDF資料をご覧下さい。
分り易い財政


TOPへ戻る